KSKV

Khong Say Khong Ve. ベトナムの意味なし画像集

職人、その「積み」の美学

ベトナム人の魂と言えば「氷」ベトナム語で「ダー」である。 その魂を運ぶ職人たちがいる。

f:id:zamad:20151105000345j:plain

とにかく一度に大量に運びたいので積みに積む。スーパーカブの最大積載量を見ると 30kg である。 1袋20kgはありそうである。合計で200kgはありそうだ。明らかに過積載である。 バイクに対してこれほど容赦無い国は無い。ベトナムはバイクメーカーのニュルブルクリンクである。積みに積む。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 2011 [DVD]

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 2011 [DVD]

職人たちが使うバイクは結晶化している。 レーシング仕様のバイクが「速く走ることだけを考える」という思想の結果、丹念に部品を組み上げ各部調整し結晶化するのと同様である。

職人の悟りとも言える思想「モノが積めればバイクなんてどうでもいい」の結果、 走る以外の全部の部品が業務中に故障しても放置、欠落しても放置、最終的にボロボロの半壊フレームにエンジンとタイヤ、そして操作用のT字の棒だけがついているだけというスタイルに帰着する。 「モノを積む」ことで「モノへのこだわりを捨てる」、「積むことで捨てる」。奥が深そうである。

職人の悟りは積み方にも表れる。仏教で言う「諦念」というやつだろうか。氷を積載するに関してなんの迷いも無い。 単に積むだけである。なんの縛り、抑えも必要ない。荷崩れするなんて思ってない。これは荷ではない、魂である。

魂を運ぶ職人である。悟りがある。バイクがある。プライドがある。技術がある。ベトナムにも重力はある。当前に道路にぶちまける。

つまり、何も無い。「空」である。

zamad.hatenablog.com

過積載の話―通勤電車に危険はないか

過積載の話―通勤電車に危険はないか

セウォル号の「真実」 誰が私たちの子どもを殺したのか? 検証:韓国船沈没事件

セウォル号の「真実」 誰が私たちの子どもを殺したのか? 検証:韓国船沈没事件