KSKV

Khong Say Khong Ve. ベトナムの意味なし画像集

死んだ Kindle Fire を復活させる

zamad.hatenablog.com

ここでプレゼントした Kindle Fire が動かなくなったようなので直した記録。文鎮、起動しない。

症状

状態としては電源を入れて起動中に白い「Amazon」のロゴの後にメラメラと燃える(2017年06月現在:キラキラと輝く)ような「FIRE」の文字が表示されるのだが、 メラメラするだけで、それがループして一向に先に進まないというモノ。つまり「起動しない」のである。

修理

特に大切なデータは無いということなのでとりあえずリセットしてみた。

まず、電源を切った状態(電源ボタン長押しで切れる)から、電源ボタンとボリュームダウンボタン(向かって左)を同時に押しっぱなしにして電源を入れる。 Amazon の白いロゴが出たらボタンは離していい。

Amazon system recovery

という画面が出る。これが Kindle Fire のメンテナンスモードで起動である。

ここで全データを削除して全データをリセットする。ボリュームアップダウンボタンで

wipe data/factory reset

に合わせて電源ボタンで決定する。

次の画面でも

Yes --- delete all user data

に合わせて、電源ボタンで決定する

結構一瞬で終わり、最初の画面に戻るので

reboot system now

を選んで再起動する。

再び zamad.hatenablog.com の手順を踏んで Android化 と ベトナム語化 を行う。

以上。

原因

原因はよくわからないのだが、データをリセットして直ったところを見るとアプリか何かが悪さしているようである。

これは推測の域であるが・・・

Amazon のアプリマーケットと Google Play には同じアプリがある(Facebookのような)。 Android 化 した Kindle Fire でこのようなアプリを両アプリマーケットからインストールした状態で本体を再起動するとおかしくなるんではないかと睨んでいる。

事実、このような状態で操作しようとするとアプリ自体が正しく動かない場合がある。

Fire タブレット 8GB、ブラック(第5世代)

Fire タブレット 8GB、ブラック(第5世代)

Fire HD 10 タブレット 32GB、ブラック

Fire HD 10 タブレット 32GB、ブラック