KSKV

Khong Say Khong Ve. ベトナムの意味なし画像集

ベトナムのカップヌードルとタイ語

f:id:zamad:20160403182202j:plain

ベトナムではインスタントはこのようなカップなものは少なくて、袋麺が主流である。つまりこれはベトナムでは「モダン」である。

その商品、ACECOOK MODERN Hương Vị Thịt Xào である。

Thịt Xào は、意味としては肉炒めだが、英語の表記を見ると、豚となっている。 このように断りもなく「肉」という場合はベトナムでは「豚肉」のことが多い。

出来上がりはこんな感じで特に驚きも何もない。驚きどころか豚肉も何も無い。

f:id:zamad:20160403182620j:plain

別にリピートするほどのものでもなかった

エースコック Pho・ccori気分 トムヤムフォー 25g×6個

エースコック Pho・ccori気分 トムヤムフォー 25g×6個

エースコックのトムヤムフォーという商品もあるようだ。 よく聞くトムヤムクンの「フォー」バージョンということのようだ。 しかし「トムヤム」はタイ語で、「フォー」はベトナム語なので名前としてはむちゃくちゃである。

調べるとちょっと言語的な面白さはある。 トムヤムクンのトムヤムフォーなんだから「クン」の代わりに「フォー」なんだから、「クン」って何だ?

タイ語で「エビ」のことらしい。エビの代わりにフォーが入ってますという話なのか?「ヤム」は「混ぜる」ということらしい。

ここで面白いのは、ベトナム語では「トム」という発音はエビで、「ヤム」は「酢」なのである。 トムヤムクンはエビが入った酸っぱ辛いスープなので「トムヤムフォー」を全部ベトナム語で捉えてもあながち間違えではないのである。

タイ語でフォーのことは「クゥイヂャップ・ユアン」というらしい。

タイ語で「イカ」のことを「プラームック」という「プラー」はタイ語で魚である。 そしてベトナム語では「イカ」のことを「カームック」と言う。「カー」はベトナム語で魚である。 つまり、「イカ」はどっちの言語でも同じ音で表されているのである。 おそらく語源が同じなんでしょうね。

調べるとエースコックは日本でやたらフォーの製品を出していると思ったら、実はベトナム国内で50%以上のシェアがあるらしく、当然ベトナム最大手となる。 こういう関係があったのか。

つうかエースコックのワンタンメンをベトナムで売れ!このやろう!