KSKV

Khong Say Khong Ve. ベトナムの意味なし画像集

AliExpress 珍画像 010 犬!糞!顎!

この機械翻訳の破壊力。別に賞品は、どこにでもありそうな、犬の糞を拾うあれである。

f:id:zamad:20180207195107p:plain

しかしその商品名が

ポータブル犬座をしらけさせる人をすくう長いハンドル顎犬糞

である。何がどうなったらこういう訳になるんだろうか?

しかし、たしかに、この糞を拾う用マジックハンドを正式に何と言っていいかに困るな・・・

アマゾンに完全に同一の賞品アリ。

フンキャッチャー

らしい

超人気

らしい。超人気なのも困ったもんだ。

キャッチって「受ける」って感じだから、フンピッカーのほうがよいのではないか。 じゃあ「フン」はなんなんだ。

うんこキャッチャー

こちらのほうが重量感を感じる。 しかしこれだと、弱肩で盗塁を刺せない野球のダメキャッチャーの雰囲気ある。

フン取りスクーパー

キャッチじゃなくてスクープ!

うんちはまずいを学習する

うん、したほうがいいと思うぞ。

こんな日本語もあるんだな

うん処理

うんこうんこでもりあがれる野郎でよかった。

なぜベトナム人は痩せているのか?のか?2018年

zamad.hatenablog.com

これを書いてからかなりたつが、そういう痩せているベトナム人のライフスタイルを見てきてちょっと追記。 基本的なことは変わってない。

いただきます、ごちそうさましない文化

ベトナムは家族原理主義人民共和国。だから食事は家族揃ってなんとかと思っていたのだが実は違う。 ベトナムには「いただきます」にあたる言葉や「ごちそうさま」にあたる言葉も言う習慣もない。

飯は基本的に腹が減った時に食うなのである。なので、家族で集まってみんな揃って頂きますというということが無い。 腹が減ってなければ家族が居ても食わないし、腹が減ってれば晩飯の時間になってなくても先に勝手に食ってしまう。 みんなで飯を食っていてもゾロゾロと途中で抜けてどこかへ行ってしまう。

結局それが分食

という感じなので、4時とか5時とか、晩飯前に結構な量の飯をもう食ってしまうのである。そして家族との晩飯は食わないとか、 食っても少しで済ますという生活スタイル、本に書いてある分食スタイルになるのである。

夜が早い

よくダイエットの本に22時以降は飯を食うなみたいな話があるが、ベトナムはそんなのは当たり前なのである。 なにせ22時以降に飯を食うどころか、ほとんどの人は寝てしまっているのである。ベトナムは朝も早いが夜も早い。早寝早起きが文化としてある。

なので、ベトナムでは飲み屋ですら 23時 にはほとんど閉まってしまう。

しまりが無く、日本人はちょっと物足りなくなる

こういう感じで、ベトナムではモノゴトの始まりと終わりのしまりがユルユルになってることが多い。

日本だと、飲み会はみんな揃ってカンパーイという感じではあるが、ベトナムでは店で座った人間から勝手に注文して飲み会が始まる前から飲んでしまう。 忘年会をやるにしても、年末のはるか手前から、ゾロゾロと有給を取り出してしまって、本当の年末には会社には誰も来ない。

年始にしても、仕事始めに来る人間が少なく、いまいち始まった感が無い。

こういう所にベトナムに済んでいる日本人は少し物足りなくなる。

AliExpress 珍画像 009 どうみてもコンセント

f:id:zamad:20170926201755p:plain

どうみても鼻にコンセントを押し込んでいるようにしか見えない。

zamad.hatenablog.com

鼻しっとりジェル(鼻の保湿ジェル)

鼻しっとりジェル(鼻の保湿ジェル)

なんでもバイクで運びます

f:id:zamad:20170831141854j:plain

おもいっきりバイオハザードなマークが書いてある。そこにある「RAC Y TE」は「医療ゴミ」の意。 なんでもバイクで運ぶんだなと。

以前このようなところを見たが

zamad.hatenablog.com

このときはこの青い扉の中のゴミ箱をトラックに積んで運んでいたのだが、 その際にゴミ箱の蓋が閉まらないということで、そのゴミに直接清掃員が乗っかってジャンプしてゴミを圧縮して積載するという、危なすぎる運用をしていた。

多分、その清掃員も、このライダーも自分が何を運んでいるかは詳しくしらないんだろう。

ファミリーマートドラえもん中華まん、再現度高し!のび太

f:id:zamad:20170823142001j:plain

このしつこく続いているシリーズの、のび太である。 はっきり言って失速気味でもうほぼ目新しさはなくなってきている。

しかしクオリティは確実に上がっている。出来杉よりも遥かによい。

zamad.hatenablog.com

ジャイアンの頃は、これ中華まんだからこのデザインでしょうがない的なところがあったが、 今は確実に再現度をあげにきている。

zamad.hatenablog.com

目の白がよく再現されているなと思ったが、普通は中華まんって白かったね。

ベトナム語では中華まんは「バンバオ」だが、なんか色が怖くて実はローカルでうっているバンバオは敬遠気味。 なぜかと言うと、色が白いのである。中華まんって白いものじゃないとと思うだろが・・・

自分の感覚だとそれが、白を超えてなんだか「青白い」のである。 なんだか生地に白い絵の具が入っているかのように感じ。他の人はどう感じているか知らんが。

そして中華まんは蒸す時にくっつかないように紙が敷いてあると思うのだが、 その紙がどう見てもそのへんのコピー用紙なのである。

このへんはどうにかならないのかな・・・味自体は悪くないんだけどな。

ポケット版「のび太」という生きかた

ポケット版「のび太」という生きかた

「のび太」が教えてくれたこと

「のび太」が教えてくれたこと

2017年版 Google カレンダーに旧暦を加える方法

ベトナムでは何かと旧暦(中国暦、太陰暦)を使うのでどうにかできないかなと思ってたらやるやり方がわかったのでメモ。

まず Google カレンダーの歯車ボタンから設定画面を開く。

f:id:zamad:20170815115420p:plain

そこに「代替カレンダー」という項目があるので、これを「中国暦」にする。

f:id:zamad:20170815115621p:plain

そうすると、通常の日付の隣に中国語で旧暦の日付が付加される。最初はよくわからないが、どの漢字が日付に対応しているかはスグにわかる

f:id:zamad:20170815120143p:plain

これは2017年8月のカレンダーだが、上に通常の8月に加えて「閏月六月〜七月」と表記されている。そして 2017年08月01日は「初十」と表記されている。 そう2017年は閏月がある年なのである。

そのへんの話はここを参照 zamad.hatenablog.com

ということで、2017年08月01日は旧暦の 2017年閏06月10日 ということになる。 これはこれで一件落着な感じだが、正月に問題があるのである。中国の太陰暦カレンダーと、ベトナムの太陰暦カレンダーは微妙に違うのである。

正月は 雨水 の直前の朔の発生した日という決まりがある。正月は朔の発生した(する予定の)「日」なので、朔が来る前に正月が来てしまうということもありうるのである。 こうなると時差として遅いほうの国が先に正月を迎えるという妙な逆転現象がおきる。 ま、こうなるのは数十年に1回ぐらいらしい。

Google カレンダーには「ベトナムの祝日」というカレンダーが存在するのでこいつをオンにしておけばこの問題も回避できる。

季節を楽しむ七十二候カレンダー2017 旬で彩る旧暦のある暮らし ([カレンダー])

季節を楽しむ七十二候カレンダー2017 旬で彩る旧暦のある暮らし ([カレンダー])

  • 作者: 白井明大,MdN編集部,いとう良一
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: カレンダー
  • この商品を含むブログを見る

ベトナムでは普段どんなものを食っているのか 005

f:id:zamad:20170808195857j:plain

ご存知生春巻きである。ベトナムといえば生春巻きという感じでベトナム料理の代表選手である。 お昼である。日本で食ったら一皿400円という雰囲気であるが、地元なら、45円である。

ベトナム料理というのは基本的に中華料理なので揚げ春巻きもある。 しかし、この2つの料理はベトナムでは完全に別物で名前も全然違う。 生春巻きは「ゴイクン」と呼ばれていて、揚げ春巻きは「チャーゾー」と呼ばれる。

ゴイクンのゴイはサラダ系の料理によく使われる単語で意味は和え物。 クンは巻くという意味で、つまりサラダ巻きという意味なのだ。

これは巻かれているモノも買ってきたが、自分で巻く手巻きスタイルも多い。

これを味噌ダレにつけて食う。 うまい。

ユウキ ライスペーパー(生春巻の皮) 200g

ユウキ ライスペーパー(生春巻の皮) 200g

ユウキ 超薄型ライスペーパー15.5cm 100g

ユウキ 超薄型ライスペーパー15.5cm 100g

巻いて巻いて どんどん巻いて!  ライスペーパー、小麦粉の皮、野菜、肉、パン、のりで。

巻いて巻いて どんどん巻いて! ライスペーパー、小麦粉の皮、野菜、肉、パン、のりで。